のら猫の3.11(3月11日)

のら猫の3.11(序章)へ戻る

うつ病の影響で出社時刻ぎりぎり(08時20分)まで起床出来ず、朝食抜きで出勤。
午前中は地震が無かったのか、気がつかなかったのか、揺れたと言う記録はありません。
昼休みも食欲が無い為、食事抜き。暇つぶしに2つある湯沸かしポットを満タンにしておいた。


悪夢の始まり
午後、はっきりとした時刻の記憶がなぜかありません。CAD(パソコンの製図用ソフトウエア)で何かの図面を書いていたのは確かです。
もうじきお茶イチ休みしようかと言う頃に大きな地鳴りが聞こえてきました。咄嗟に入力途中だけどCADを保存。
石油ファンヒーターが自動消火していたようなので、恐らく震度5弱以上の揺れの中、 Hi-net 高感度地震観測網 AQUAシステム震源速報 を開くと「宮城県沖M5」の表示。
「また宮城県沖だ!」と叫ぶと同時くらいに猛烈な揺れが来て、ネットを表示させていたパソコンの右モニターがどこかへ吹き飛んでしまいました。
UPS(無停電電源装置)の警報音と地鳴りと建物が軋む音が混じる中、PCをシャットダウン。
先に席を離れた人達から「パソコンなんかいいから早く逃げろ、後ろのキャビネットが倒れるぞ」と声が掛かるが、既に歩ける状況ではありませんでし た。
仮に歩けたとしても、机の引き出しが飛びだしたり引っ込んだりを繰り返していて右には行けず、左側は二段積みキャビネットの上段が飛んで床に落ち て通れない。 前は机、後ろはキャビネット。どこにも行けない。机の下に潜れとは聞いていたが、しゃがんだまま転ばないように突っ張るのが精一杯で身動きできない。

先に離席した人達はケーブルの長さの限り暴走する複合機や倒れてくる観葉植物に追われています。
給湯室からは景気良くコップや茶碗の割れる音が聞こえてきた。見ていた人の話では、まるで手品のように次々と棚から中身が飛び出してきて見事に 割れていたとか。

揺れは収まるかと思うと更に大きな揺れが重なってくると言う感じで、何分間揺れ続けたか判らないです。
一旦揺れが収まると「凄かったな、おい」と聞きなれない声、建屋の増築工事を依頼していた職人さん達が足場から降りてきた。
「大丈夫でしたか?」と声を掛けている間にも余震が次々と来る。
流石に職人さん達は専門家だけあって、建物を見まわすと
「これなら余震で倒れる心配は無さそうだけど、落下物があるといけないから駐車場へ出て、建物の近くや、停電はしているけど電線の下を避けて様子 を見よう」とアドバイスをしてくれた。
御礼を言いつつ、ふと気がついてmixiに「揺れた…社内ぐちゃぐちゃ」とだけ書き込む。14時51分。
近所のコンビニへ出掛けた面々が手ぶらで帰ってくる。商品はあるが停電でレジが開かなくなって会計が出来ないので閉店していると言う。
自分の机の左隣に、事務・技術系データのバックアップを取っている1TB HDDが2台ある。
火災発生などの最悪の事態に備えて、技術部長と2人がかりで駐車場に運び出し、毛布で包んでみる。サーバーも誰かが運びだしたらしい。
しかし毛布で巻いたとはいえ、地べたに置くのも問題だろう…と一番頑丈そうなライトバンの荷台に積み込む。
相変わらず余震は毎分数回のペースで来るが、開き直って身の回り品、重要資料を持ち出しに建屋内に戻る。
しかし停電で屋内は薄暗く、いつ先程の様な揺れが再び来るか心配で落ち付かない。
そういえば防災無線の個別受信機が社長席の辺りにあった筈…と見まわすと、吹っ飛んだキャビネットに叩きつぶされて歪んでいた。
それじゃダメじゃん。
ふと、先程の書込みでは情報不足で友人知人の不安を増すかと思い「余震続きます…停電、電話不通」と追加の書込みをした。14時59分。
更に携帯機種変更後、まだ一度も使った事の無かったカメラで3駒程社内を撮影後屋外へ退避して「被害日記…ぐちゃぐちゃです」とその写真をUpし たのが15時13分。
先程来の書き込みにコメントが付いているようだったが、電池残量が気になるのと、通信が徐々に重くなってきたので読むのは諦めました。


TV付携帯の人が「ベンツが燃えている、日立港のベンツが燃えている」と言う。話が見えない、一寸落ちつけ!
要するに保税倉庫代わりの駐車場に津波が来て、並べてあった通関待ちのベンツが片隅へ押しやられて そのうちに何かのはずみで出火したということらしい。
生まれ育ちが海無し県なので、津波にまでは頭が廻らなかった。
そういえば船舶免許試験で津波の時の沖だしとか、波に船を立てて何とかとかやった記憶が甦る。
磯崎漁協には何人か顔馴染みや一緒に試験を受けた漁師仲間がいるが、そちらまで気を使う余裕が無い。
自分が住む大洗町のアパートは標高26m、いくらなんでも大丈夫だろうと試しに電話を掛けてみると話中音がする。 受話器は外れているようだが、電話回線自体は生きているのを確認できた。
誰ともなく「今日は仕事にならんし、自宅も片付けなければいけないだろうから引き上げよう」と声が掛かり帰宅する事になった。
しかしいつもの通勤ルートを走り始めると、道路脇の家の塀が倒れて道幅が狭い。
見知らぬ人が道の真ん中で手を振っている。停車すると「この先陥没していて車は通れないから脇道へ行け」と案内してくれる。迂回して行くとまた見 知らぬ人が道の真ん中で…
何とか245号線まで出ると見渡す限りの渋滞。途中、田んぼの中を抜ける脇道へ入る車がいるので、通れると信じて那珂湊中心部に抜ける。
残燃料が気になり、行きつけのキグナス石油に立ち寄ると、無人のスタンドに給油ホースが延び切ったまま放りだされていた。 停電で収納できなかったのだろう。
那珂湊ピアポートで食料を買おうかと思ったが、やはり停電でダメだろうとおもったのと、 テナントで入っている、顔馴染みの持ち帰り焼鳥屋の店長さんと話が長くなるかと思って通過した。
が、そこで、さてどうしたものかと悩んだ。
この先の丁字路は0m地帯、果たして近づいてみると道路は陥没して水浸している。既に津波が来て冠水しているのだろう。
通れるのか迷っているとひたちなか消防の小型ポンプ車が追い越して水溜りを突っ切っていく。
あれなら行けると後ろを付いて行くことにした。
丁字路は通常大洗へ向かう崖下の道にはa型バリケードが置かれていて、消防車も那珂川沿いに進むので海門橋の側道まで一緒に走行し、側道からU ターンして橋に乗った。
海門橋は下をヨットが通過できるようにかなり高く掛けられている。
頂上付近まで登って、先程の川沿いの道を振り返ると見慣れない、茶色とも黒色ともつかない波が打ち寄せている。
咄嗟に反対側、海側を見ると海面がいつものうねりとは違う形で盛り上がって、それが次々と近づいている。
嗚呼、これが津波なのか…
あの時消防車が通らなかったら、数分遅れていたらあの津波に巻き込まれていたのかもしれないと思うと急に怖くなってきた。
アパートは、あのチリ大津波も気がつかなかったとか言う地区だけあって何事も無かったかのように建っていた。
いつものように車を止めて、玄関を開けると、見渡す限り、ありとあらゆるものが散らばって床が全く見えない。中へ一歩も踏み込めない状態。
兎に角適当に拾い上げては元有った場所に適当に置いて行く。きちんと整理している余裕は無い。
台所まで進むと食器類が片端から割れている。破片の中に奇跡的に無傷のものが混じっているのでそれらだけ拾い出す。
その間に瀬戸物の破片で指を切ったようだが、その時は全然気がつかなかった。
部屋は本棚の中身が全部飛び出している。一日分毎に仕分けておいた薬もごちゃ混ぜになって散らばっている。 電話が話中だった原因は、パソコンデスク最上部に置いてあったFAX付電話機が転落していたからだった。
書籍はジャンル別に整理して並べていたのだが、そんな事をしている余裕は無い。ひたすら無作為に拾っては歪んだ書棚に押し込んでいく。
何時になったのか、時計がどこかへ落ちてしまって時刻が判らないけど(携帯は電池が心配なので開かなかった) 日が暮れてきて徐々に薄暗くなり始めた。日光があるうちに通り道と、どうせ眠れないだろうけど横になる場所だけは確保したい。
しかし賽の河原で石を積むが如く、片付ける端から余震でまた落ちてくるの繰り返し。
そんな中、固定電話に着信。停電しているので留守電が作動しない。誰だ?こんな忙しい時に?出ると実家。
「お、そっちゃあどんなだ、揺れたかや?」
ふざけるな!!テレビラジオで判ることだろう!!
まして会社の定時退勤時刻より2時間から前に自宅で応答するというのは尋常でないというのが判らないのだろうか?
足の踏み場も無い程散らかった部屋の中を、日が暮れる前に片付けたいから後にしてくれと言っても全く理解して貰えない。
黙っていれば延々と無駄話をするつもりらしい。終いには怒り心頭に発して電話を切った。
結局日没までに片付けは終わらず。
幸い単3電池1本で点灯するLED懐中電灯を持っていたので、それを無線機の棚にぶら下げて室内の照明にして最低限の場所だけ確保した。
手が空いて万年床を長座布団代わりに腰を下ろすと、また余震が気になる。
急に心細くなってラジオを探すと、これまた本の下敷きになって、壊れてはいないものの、本に押されたのかスイッチが入りっ放しになっていた。
電池の残量が心配だったが、いつ電池交換したのか覚えられない位長寿命のラジオだから平気だろう。
取りあえずJOAK NHK東京第一放送を聞いてみるが、宮城のスーパーの屋上に何十人取りのこされているとか、どこぞの海岸に人が倒れているとか、そんな 話ばかりで茨城の情報が全く入ってこない。
それでもアナウンサーの冷静な声が聞こえてくるだけで落ち着くので点けっ放しにする。
大洗町防災広報無線は津波情報が続々と入ってくる。
帰宅した時は「緊急避難命令、大至急高台に避難して下さい」と言っていたはずが、いつの間にか「高台に避難せよ!」と命令口調に変わっている。
しかしここはその高台の避難所よりも更に数m高いので多分大丈夫だろう。
必死で放送を続ける、新人配属間もない増田消防士(とはこの時は知らないが)には申し訳ないが、聞き流す事にする。
一番有効な情報源は電波法第59条のグレーゾーンだが、消防大洗と最前線に出ているらしい大洗指令1との交信だった。
いばらきぎょぎょう(茨城県漁業無線局)も情報を流していそうだったが、停電で受信機が使えない。
ところで電池はどうなっているだろう?
当時、既に乾電池は基本的に使っていなくて、エネループ(R)を単3型20本程と単4型を数本持っていた。
テスターを発掘して調べてみると単3型2本は空になっていたが、他はほぼ満タンの様子。
電池はさておき人間が空腹。在庫はツナ缶が3個とポテチが4袋だけ。食事は諦め、水だけでも欲しいが飲料水が無い。
晩酌用の氷が冷凍庫に在ったのを思い出し、既に溶けている”元”氷を少し飲んで凌いだ。
ついでに薬も睡眠薬以外を飲む。幸い薬は在庫が有るから、何とか乗り切れるだろうと思う事にする。
雑用水は二槽式洗濯機のすすぎ水を捨てずに溜めておいた物があるが、何日間断水するのか見当もつかないのでなかなか手が出せない。
一番水を使うのは水洗トイレだが、これには水道復旧まで往生することになる。
3月12日に続く
戻る