のら猫の3.11(序章)

のら猫の3.11(序章)

この章は2011年3月11日に発生した東日本大震災に関して、当時茨城県に在住していた本猫の記憶を綴ったものです。 震災・天災などにトラウマの有る方は、ブラウザの「戻る」ボタンで引き返される事をお勧め致します。
なお、全て当時の記憶を頼りに作成しています。
検索サイトなどでの検証・裏付けなどは原則として行っていませんので、もしかすると勘違い・記憶違いがあるかもしれません。




石原裕次郎氏の名作の一つに『嵐を呼ぶ男』という映画が有るのは御承知の事と思いますが、 この題名を拝借するならば本猫はどうやら『天災を呼ぶ男』のようです。
まずは、生まれてから数ヶ月で長野県松代町(現:長野市)で松代群発地震が発生し、多大な被害を生じました。 これだけでしたら、偶然で済むのですが…
行く先々で相次ぐ災害
学生時代の1985年(昭和60年)7月26日、帰省した途端に起きたのが生家裏山の、長野県長野市地附山地滑り災害でした。
不幸な事に崩落の先には老人ホームがあり、職員の懸命の努力も虚しく大勢の高齢者が犠牲になりました。
また、テレビ・ラジオの中継局が崩落に巻き込まれ、長野市周辺の多くの世帯で長期に渡り放送の受像・聴取が出来なくなったり、主要な観光地である 飯縄・戸隠方面へ連絡する戸隠バードラインの半分ほどが山体と共に崩れ去り、3次産業を中心に多大なダ メージを与えました。
この時初めて「学校の体育館を利用した避難所」と言う物を経験し、それが如何に不自由な物かを知らされました。
1986年(昭和61年)2月19日、神奈川県相模原市在住当時は関東地方が大雪に見舞われました。(昭和61年豪雪)
各地で着雪による停電が発生し、本猫も数軒先まで停電するのを目の当たりにして 「いつうちも停電するのだろうか?」と残り少ない灯油を気にしながら過ごしました。
仕事の関係で栃木県黒磯市(現:那須塩原市)へ転居すると今度は平成10年8月末豪雨(那須豪雨)に見舞われました。
この災害でも死者5名、行方不明2名、家屋流失、全壊、床上浸水多数という大被害が発生しました。
自分自身も所用で外出中、自動車ごと流されるところでした。
平成11年、仕事の都合とはいえ、永年の夢だった海岸近くへ転居しました。
茨城県東茨城郡大洗町、職場はひたちなか市です。

転居して暫く暮らして気が付いたのは、小さな地震が多いのと、雷が栃木に負けず激しい事でした。
地震は茨城県内を震源とする物は勿論ですが、隣接県や東北地方の沖合が震源の物でも結構揺れるということでした。
この年、これは天災ではなく人災ですけれども、核燃料工場でウラニウムを”野焼き”するという前代未聞の事故が発生しました。
東海村が原子力の村である事は、子供の頃から知識としては知っていましたが、無味無臭無色の魔の手が現実に、そして身近に存在する事を実感させら れる出来事でした。
2005年からSNS(mixi)を始めて、時間が有って気が向けば日記なる物を書くようになったので、それを辿ると毎月数回は地震の日記が有ります。
ただし、あくまでも「自分が気が付いて」かつ「ネットに接続できる環境があって」かつ「私用の書き込みを出来る余裕が有る時」だけしか書い ていませんから、実際の回数はもっと多いです。

2011年元日も朝から地震。2月は年度末で多忙の為2回程しか日記も無く地震には触れられていません。
3月5日(土)
この日は月一回の通院日でした。
通常なら次回通院は4週後の4月2日になるのですが、もしかすると@nifty・FTOKYO(東京フォーラム)の花見がこの日になるかもしれな いので、 一週早めて26日に予約を取り、3週分の薬を処方して貰いました。
3月6日(日)
自動車運転免許を更新、帰途、燃料をどうしようか一瞬迷ったが半分程度あったので13日の休みに補給すれば良いと思いそのまま帰宅した。
(この時満タンにしていれば後で苦労しなかったのだが、この時、そんな事は知る由も無い)
3月7日(月)
地震が有ったとの日記あり。
3月9日(水)
この日の地震は「結構大きい」と記している。
3月10日(木)
03時20分と06時27分に地震の日記があります。「今日は多いな」と記しているので、日記にしなかった地震もあったかもしれません。
しかしそのへんの記憶はありません。
昼間は平穏だったのか、坂上二郎氏の訃報を日記にしている。
仕事を終えてから、いつも通り半額惣菜をアテに晩酌をして就寝。結果的にこれが震災前最後の食事になる。
3月11日へ続く

戻る