部分的に廃虚な展望台
部分的に廃虚な展望台


 

岬の突端に巨大な展望台がある。
不鮮明な写真ですが、一部分だけ色が違うのが分かるでしょうか?
左側に水色の塗装がされた部分があります。
この展望台、生きているのはその一部分だけで残りは廃虚なのです。
近づいてみると、コンクリートは砕け廃虚色に変色している。
柵の中は立入禁止という看板もある。
造り自体は現役部分も廃虚部分も全く一緒。
ただ塗装の有無が現実を物語っている。
廃虚部分と現役部分は互いに繋がっている。
しかし鉄の扉が行く手を阻んでいた。



数多くの観光客が訪れる地で、なぜこんな半端な事になっているのだろうか…
廃虚な展望台からは、洋上の有名な廃虚が見えていた…
(訪問・平成13年5月4日)
戻る