江津市の海岸近くの民家
江津市の海岸近くの民家


 
松江松下電器江津工場前の交差点から海岸へ出て、西へ向うと道路左側に壁の崩れ落ちた民家がある。
家そのものはほぼ全壊状態なのに、なぜか卓袱台などの家具調度品はついさっきまで誰かが住んでいたかのように並んでいる。
柱には、色褪せて定かではないものの家族で撮ったと思われる大ぶりの写真額が掛けられている。
どのような事情で、家財道具が片づけられないまま自然へ還ろうとしているのか。ごく小さな建物なのに、忘れられない光景であった。
(訪問・平成9年8月)


戻る