株式会社東屋 平磯冷凍工場
波打ち際に冷凍工場があった
道路と海岸線との間にある冷凍工場跡である。
かなり傷みがひどいのだが、隙間からしか建物内部を見る事は出来なかった。
ただ、壁に書かれた社名はまだ鮮やかである。
北側にまわると冷凍機の配管らしきものや、冷凍倉庫内部への扉がある。
道路側には柱建式に増築された小屋があり、下には昔の軽トラックくらいなら入り込めるくらいの空間がある。
そこから小屋の床を見上げると、鉄の歯がたくさん付いたローラーがむき出しになっている。 氷でも砕いていたのだろうか…
裏手、つまり海岸側へ廻り込むと、道路側とは異なり木の壁が潮風に晒されている。
波打ち際へ降りて振り返ってみた。



この建物なら廃虚に興味の無い人でも、その独特の雰囲気は伝わるだろう。
最初に訪れた時にはTVドラマか何かのロケをやっていたが、たしかに下手なセットより視聴者を惹きつけると思う。
なおこの工場は平成14年8月に解体されました。今は波打ち際のセメントの壁しか残っていません。
(訪問・平成11年、写真撮影平成13年4月15日)
戻る