身近にある廃村「峰」(その1)

身近にある廃村「峰」(その1)

東京都都心部から電車で2時間程の所にある廃村として、その村名や古民家の写真はネット上で目にする 機会も多かったのですが、このたび廃村研究の第一人者として名高い浅原昭生氏直々の御案内を頂けることになり現地を訪問致しました。



峰へのアプローチ方法は幾つかあるそうですが、何れも青梅線鳩ノ巣駅が起点となるようです。
駅舎は青梅線特有の木造で、落ち着いた建物です。
登山道へのアプローチ
駅前にある散策マップには何の手がかりも有りませんでした。
  駅舎から少し離れた場所に峰集落と、柳田國男氏・田山花袋氏との関わりについての案内板が有りました。
 駅から登山口へ向かう途中の住宅地から既に可也の急勾 配です。
中には自家用のリフトを備えた家までありました。残念ながら稼働する様子は見られませんでしたが、なかなか便利そうに思われました。
全くの余談になりますが、こちらのお宅には真っ黒な可愛い猫が居ましたので一緒に遊ぼうかと思ったのですが、他所者の急な来訪はお呼びで無かった と見えま し て、早々に逃げ られてしまいました。
(その癖して、途中で振り返って様子を見ているのはお約束通りでしたが)
登山道とは言え、平素から山歩きをしている人ならちょっとしたトレッキングコース程度の道です。
整備も定期的になされているようで、丹沢などで良く悩まされた浮石など殆どありませんでした。

ただ、10数年ぶりの山歩きともなると些かキツイものがありまして、途中はこんな電柱の痕跡の写真を撮る位しか余裕が有りませんでした。

この写真は昔ながらの木製電柱を切り倒したものですが、木の表面の組織が緻密なのか、クレオソート等での手入れが行き届いていたのか、中心部は腐 食していて も、外側だけ残っているものが多かったです。
ちなみに峰の集落まで、気がついただけでも10本以上を数えました。
山の神様が見えてきました。
山の神様です。ここまでの無事の御礼と、峰集落への期待をお祈りしました。
ここで登山道、林道、杣道らしき踏み跡など幾つもの分岐が有ります。
ここでやっと「峰」の記述のある案内板にお目に掛かれます。
…が、どうも信用して良いものやら?
直感ですが少々怪しいのではないかという印象でした。
そもそも、連絡先が「青梅2局…」っていつの時代の話でしょう?
何だか物騒な注意書きがぶら下がっています。
ここで分岐を間違えて暫く本当の登山道に迷い込んだのは内緒です(爆)
途中で下山してきた本格装備の登山者の方に聞くと、峰集落は知らないものの、この先にはそれらしきものは無いと御教示頂いて山の神様から仕切り直 しをしま し た。
どちらの何と仰る方か存じませんが、本当に助かりました。
正解はこの造りかけ放置の林道でした。
管理者がどこか気になったのでデリニエータの路線表記など探したのですが見当たりませんでした。
しかも林道終点付近は倒木でガードレールが潰されるなど荒れ放題、行き止まりとか通行止めの標識も何も無い代わりに、伐採した材木が延々と道路上 に積み重 ねて ありました。
恐らくは、何処だか判らないですが道路管理者による「元住民関係者や研究者の手前、通行禁止とは云わないけれど、これ以上先へは入らないでくれ」 という意 思表 示と理解して 先へ進みました。
その2へ続く

廃村へ戻る