上田丸子電鉄青木線
上田丸子電鉄青木線


実は何も痕跡を見つける事が出来なかったのでUpしなかったのですが、ある書籍の記述によると「何も残っていない」が正解のようです

風情のある 上田原の駅 からまっすぐ西へ向かう国道143号線がそっくり線路跡、というか路面電車だったそうだ。
地図で見ると確かにカーブもあれば、傾斜もしているのだが、車で走るだけでは直線・水平な道路という印象である。
道路は拡幅され、当時の雰囲気も残っていないのだろう…
青木村に入って暫くするとタクシーの営業所がある。その向かいのバスターミナル(当時)が 終点だという。
確かにここから先はカーブもきつくなり、急坂が続く 青木峠となる。とても鉄道が走ることが出来る地形ではない…

(訪問・平成3年夏)

戻る