荒川沖専用線
常磐線 荒川沖専用線

常磐線荒川沖駅東側に 細い路地がある。 かつてはここから陸上自衛隊霞ケ浦駐屯地迄専用線が伸びていた。

駅東側、長崎屋のビルとの間から常磐線と平行に線路跡の道路が走っている。
右手に運送会社があり、そこを過ぎると道路は緩やかに 右に曲がり、やがて ”阿見住吉”交差点に出る。
交差点の傍らに踏切の残骸が無造作に転がっていた。はっきりいって唯一の鉄道遺構ではなかろうか。
この交差点から先は道路が拡幅されており、全く気配すらしない。道路に沿っていたとしたら絶望的だろう
とにかく何も見つからないうちに 霞空へ辿り着いてしまった。

(訪問・平成9年、平成12年)
戻る