横浜臨港貨物線・ボートトレイン
MM21の名で知られる観光地の、昭和末期の姿です
枕木こそ木製だが、しっかりしたレールが敷かれている
国際航路客船から専用列車へ乗り継いだプラットホーム
当時この赤煉瓦倉庫へ行くには横浜税関へ入構申請して許可 を取らなければならなかった
尤も住所氏名連絡先を書いて、入構目的「写真撮影」で直ぐに許可証は出して貰えたけど
貨物線は整備こそされてはいたが、運行されている様子は無かったので、皆平気で線路を歩いていた
ソフトクリームの屋台ってのが、横浜らしいと言うか御洒落だなと…
(訪問・昭和58年初夏)
戻る