東北本線 黒磯−白河間 旧線
東北本線 黒磯−白河間 旧線

この区間が現在の位置に切替えられたのは大正9年の事だが、地元の人達は現在でも「旧線」と呼んで 親しんでいる

黒磯駅を出て、那珂川を渡るあたりまでは痕跡らしいものは見当たらない。線路跡がはっきりとするのは那須高原病院の南東、 下瀬縫地籍にある真北に向かった一方通行の道路である。 この道路は国道4号線”高久甲”交差点の側道部分に出る。

この交差点から高久・黒田原方面に向かう道路が旧東北本線である。ただ、黒田原方面と黒磯市内を結ぶ幹線の為 拡幅整備されており、緩いカーブから線路跡を想像するしかない。 坂は意外ときつく、おそらく蒸機での運転は 大変であっただろう。
途中、道路は東北新幹線を立体交差で飛び越すが、線路跡は道路北側に逸れ、桜並木の中を進む。しかしその行く手は 新幹線の線路と塀に阻まれてしまう。反対側も同様に行止まりの為、駐車場か資材置場のような状況になっている。

やがて現在線が近づくとそこが高久駅である。しかし、旧線当時この駅は無かった。偶然なのか、旧線は今の 高久駅構内を突っ切り反対側へ抜けている。道路は駅をかわして、北へ回り込んで線路下をくぐっていく。
高久駅裏側の空き地から黒田原方向を目指すと、立派な築堤の上に舗装道路が現れ、先ほどの道路と合流する。ここからは 現在線と並走しながら黒田原駅へと向かう。用水路などで時折煉瓦積みの遺構がある。
余笹川の橋台などは実に立派な作りだ。平成10年の大水害の時にはすぐ上流の道路橋はあっけなく決壊したが、鉄道橋は 何事も無かったかのように新旧共々持ちこたえている。

黒田原駅は現在の那須町役場の所だというが、全く痕跡が無い。線路跡も追う事が出来なかった。駅舎そのものは 郷土資料館として移築・保存されている。
那須町役場の先、ラーメン屋さんを左に見ながら道路を行くとすぐにT字路、左折すると10mも行かないうちにまたT字路が あり、これを右折すると旧線である。これはかなり急な下り坂で黒川まで一気に降りていく。
近所の人の話ではしばらく前に黒川の河川改修をするまでは橋脚が残っていたそうだが、今では新しい道路橋の記念碑に 線路跡であることが記されているだけである。

この線路跡の道路は追田原地籍で黒川を再び渡る辺りまでははっきりしているが、現在の豊原駅に近づくと行方不明に なってしまう。地元の人の話では田んぼの中だとか、畦道がそうだとか、色々な説が出たがはっきりしなかった。
地図上では木戸・水原地籍から県境を越えて白河市陣場にかけていかにも線路跡らしいカーブの道路が描かれているが、 ここへ連絡する道路を見つける事が出来なかった

(訪問・平成10年)
戻る