布引電気鉄道
布引電気鉄道

JR小諸駅南西側に起点である布引の小諸駅があったというが、今やそれらしい痕跡は見つけられなかった。
信越本線高架下を左手に分かれていったそうだが、今残されているのは単線当時の信越本線跡である。
布引観音の近くまで行くと千曲川に橋脚が残されている事からやっと線路跡であることを確認できる。
このあたりからは主要地方道諏訪・白樺湖・小諸線がほぼ廃線跡と重なるが、痕跡は乏しい。布下からは農道として利用されている。
終点島川原駅は、かつて資材輸送で布引鉄道を賑わせた島河原発電所の敷地に飲み込まれている。 発電所前のT字路になっている道を左折すると望月町方面、この鉄道の延長予定線、更に佐久諏訪電気鉄道(未成線)へと向かう。

如何に布引観音が有名とはいえ、縁日以外の乗客は少なかったそうだ。 布引温泉(御牧の湯)の駐車場に車を止めて行き交う車や人を見ても、当時「シジュウカラ(始終空)の小鳥電車」とか、 「始終2人乗り」(使用車両が42人乗りだったが、実際に乗っているのは運転士と車掌の2人だけだった) と言われた現役当時を彷彿とさせる静けさがあった
(訪問・平成3年夏)

戻る