大畑森林鉄道(一般公開区間)



大畑森林鉄道は明治42年に津軽森林鉄道として建設が始まりました
最盛期には総延長60kmにも及び、ヒバ材輸送だけでなく道路交通の整備が整わない山中での貴重な足としても利用されました
多くの人達に愛された林鉄でしたが、昭和37年にトラック輸送への転換が決まり昭和40年には廃止されました
現在ではそのごく一部が遊歩道として整備されています
線路残存区間
大畑川を渡るとすぐに線路が残っているのが見えます
枕木も残っています
林鉄としては線路も太めでしょう
とはいえ、ヘロヘロな線路は…
キノコに養分を吸われつつ
…ムラサキシメジの仲間のようにも見えますが、笠の形状が違いすぎますね、素人には判らん
森の中へと
吸い込まれていきます
さまざまなキノコと一緒に…
これはテングタケ科のカバイロツルタケですね
「ツボを持つキノコは毒」と言いますが、これはその例外で唯一ツボ有りの食用だそうです
木橋が現れます
現役当時の橋ではありません
当時の橋台が朽ち果てて傍らで余生を送っていました
大畑川の崖近くにレールらしきものが数本ありました
前日の豪雨で足元がぬるぬるで近寄れず、確認は出来ませんでした
川沿いぎりぎりを線路が走ります
…が、やがてレールも枕木も無くなります
線路無し区間
再び木橋ですが
やはり現役当時のものではありません
付け替えられた橋の下に残骸が隠れています
カーブの先から何やら覗いている気配がします
素掘隧道
解説の看板
坑門はセメントで固められています
内部は素掘のままです
枕木などは残っていません
観光用に整備しているとはいえ無照明です
この日は思いつきで立ち寄ったので3Wマグライトは持っていませんでした
0.5W白熱球のライトも車の中に置いたまま、持ち合わせてた0.3W程度のLEDライトでは撮影も困難です
隧道といったら、蝙蝠達のモフモフでしょう
丁度この時、アブが一匹しつこく付き纏っていて困っていました
(自分は化学物質過敏症の為、虫除薬や線香などが使えません)
そこで早速ライトで照らして連中を叩き起こして暫し乱舞していただきました
1分と経たないうちに、アブの気配は完全に消えました(^^;
カーブというか、路盤が折れて出口が見えてきました
反対側の坑門もセメントで固められています
反対側にある解説の看板
再び線路無し区間
道端にレールが転がっていました
なぜ残されているのかは判らないです
今度は苔生した木橋が現れます
今までのものと異なり、腐食も激しいです
ムラサキホウキタケ(食用)の幼生にも見えますが…
どうせネズミホウキタケ(軽毒)でしょう
ムササビタケ(食用)の顔色の悪い奴(んなもん、ある もんか)
面倒なのでこの際、命名「橋台茸」、木橋が劣化するので(有害)と認定されました
今度は木橋ではなく、渡り板だけです
暗渠があるかと覗いてみましたが、どうやら土管だけのようでした
建物が見えると道は分かれますが線路跡が消えました
直進すると、林道に出ます(現役遊歩道)
右に曲がると鉄橋、西之股支線だそうです
橋の向こう側は通行止めと書いてありましたが、こちら側は思い切りオープンです
金網部分の強度不明、鉄板は腐食して穴だらけです
試しに体重(白状します、装備品込で73kg程度です)掛けてみたら1cmほど金網が撓みましたので渡りませんでした
「山行が」なら渡っちゃうんでしょうか(^^;

(訪問・平成21年8月14日)

戻る