大間鉄道(大間線)(未成線)

大湊軽便鉄道(後の大湊鉄道、現大湊線)下北駅から大間崎を、更には本州と北海道を連絡する鉄道として大正 年間に建設が始められた路線です。
昭和14年には大畑迄が開通(後の下北交通大畑線、平成13年廃線)
更に北へ向かい建設が始まった時点で太平洋戦争が勃発、 一旦は中断した工事も戦況の変遷と共に軍部から海峡防衛の砲台への兵站として注目を浴びることとなりました。
即ち弾薬輸送列車を走らせようとしたのです。
建設機材の不足は労働力で、労働力の不足は占領地から連行した捕虜などの強制労働で補われたと伝えられています。
しかし昭和18年、泰緬鉄道(映画『戦場に架ける橋』に登場する鉄道、実在した鉄道です。念のため) へ資材を転用することが決まり、建設途中のまま放棄されて今日に至っています
大畑駅-木野部地籍

国道から僅かに外れた所にコンクリートのアーチ橋がある。
川沿いの空き地が公園のように整備されていたので(私有地だったらごめんなさい)近づいてみると なんとも粗悪なコンクリートで作られている。典型的な戦時規格である。
しかし6連のアーチの美しさは見事だ。痛みが激しいが、なんとか保存して欲しいものだ。
(平成13年撮影)

木野部-下風呂地籍

大畑町木野部地籍、国道279号の急坂を下ると、海側から合流してくる道がある。 果たしてこれが路盤跡なのか、急カーブ・急坂の続く国道とは異なり緩やかなカーブを描いている。
近所で尋ねようかと民家を覗くと(失礼)ヨチヨチ歩きの子供が居た(^^;  親御さんらしき若夫婦の声もしたが…なにしろこの鉄道はその若夫婦のご両親がヨチヨチ歩きの頃の建設である。
果してどれだけ聞きだせることやら、不審者扱いされるのが関の山と諦めてしまった。
(平成13年撮影)

平成17年訪問時、この脇道を入って見ました。Y字路の中央、草地の水平部分が軌道跡でした。 この脇道はすぐに行止まりですが、その先に何かありそうでした。 しかし、この区間は戦後バス路線に転用されたものの崖崩れで放棄されたと言われています。
故宮脇俊三氏の本でもこちら側からの接近は不可能とされています。
駄目と言われると…船を借りてでも、なんとか見たいものですね。

   

携帯カメラ+単眼鏡をコリメート撮影
トンネル出口からこちらに向かう橋脚が辛うじて見えました(平成21年)
この木野部のわき道は入らないほうが無難です
この色とりどりの札やガードレールにこの台詞が書かれています
若い方はご存知無いかもしれませんが、箒を逆さまにするのは「帰れ」という意味です


一方、国道をはさんだ向かい側の遺構
(平成13年撮影)

風間浦村との境界に近い赤川地籍にもアーチの残骸が残されている。
一部壊れているために二枚橋では見ることのできなかった上部の構造が見える。
どうやら橋の形にしただけで、とても線路を引ける状態にはなっていなかった様子がある。
同時期に同じ目的で函館に建設されていた戸井線(未成線)のアーチは 木筋コンクリート或いは竹筋コンクリートとも言われているが、こちらは破断面を見ても良く分からなかった。
少なくとも鉄筋なら錆が浮いてそこからコンクリートが剥離するはずだが…
(平成13年撮影)

平成14年は大雨に祟られて撮影不可能どころか道路が至る所で冠水して帰れなくなるかと心配する事態に。
というわけで、猫の執念、下風呂へ再訪。郵便局前から見たアーチ。
(平成15年撮影)
アーチの上部。大間から大畑方向を見た写真。
両脇のロープは、本猫みたく廃線跡を徘徊するヨソモノが増えた為、事故を恐れた地元住民と自治体が設置したとか。かたじけない m(__)m
(平成15年撮影)
逆に大間方向を見た。
(平成15年撮影)
下風呂駅予定地。
地下駅となる予定で、プラットホームから駅へ降りる階段が作られたが、それが現在も利用されている。
(平成15年撮影)
フラッシュ焚いてみた。
(平成17年撮影)

(平成17年撮影)

(平成17年撮影)
平成17年、今年も温泉に入ろうと…ん?
なんか変ですよ。(7枚上と比べてね)
(平成17年撮影)

(平成17年撮影)

(平成17年撮影)
はぁ、そうですか…
(平成17年撮影)
上はこんな感じ。
10枚上と比べてください。
(平成17年撮影)
レールなんか置いてみたりしてますが、違和感あります。
(平成17年撮影)
下風呂温泉街北側の築堤は畑になっている。
(平成16年撮影)
(平成16年撮影)
(平成16年撮影)
トンネルの入口がコンクリートで封印されている。
(平成16年撮影)
トンネルの北側は山に隠れて見えない。
小さなアーチを挟んで更にトンネルが続く。
(平成16年撮影)
地元の人の話。
野猿の写真でも撮ってると思って声を掛けてきたのだが、鉄道遺構と聞くと苦笑しながら話し始めた

南側のトンネルは造船所として、漁船を作るのに使われていた。
船が完成すると、ムラの者が総出で海まで曳いていったもんだ。
橋を渡り、北側のトンネルを抜けてから海岸におろして進水させていた。
北側のトンネルは湧水が多く(膝を指差しながら)このくらいはあった。
その後崩落が始まったが、よくトンネル内で自殺者が出た。
妻子を残して首を吊った人、睡眠薬を大量に飲んで沈んでいた人…
行方不明だっていうと、まずこのトンネルを調べたな。
今は災害復旧と称して入口みんな塞いでしまった。
最近は家が出来たりしてその入口もわからなくなってきている…(平成16年撮影)
下風呂-焼山崎地籍
(平成16年撮影)
(平成16年撮影)
国道脇の橋台の残骸
(平成16年撮影)
(平成16年撮影)
沢の両側と、高架部分を作りかけて放置されたようだ
(平成16年撮影)
(平成16年撮影)
国道と並走する。コンクリートが妙に新しく見えるが、理由不明。
(平成16年撮影)
(平成16年撮影)
(平成16年撮影)
焼山トンネルは立入禁止になっていた。
(平成16年撮影)
焼山崎-桑畑地籍



(平成16年撮影)
桑畑地籍に残る築堤
(平成16年撮影)
この橋台が大間鉄道最北端とされている
(平成16年撮影)
が…!
かの超有名サイト”山さ行がねが”によれば、更に大間寄りのバス停下に遺構があるという
平成21年夏、確認してみた
確かにあります
提灯や幟があるのは、丁度夏祭りの準備中にお邪魔したためです
ここから少し大間寄りにお住まいの、恐らく50歳代後半の男性とそのお母様に聞いたところ間違いなく鉄道遺構との答えだった
こちらで色々な話を伺うことが出来ました
男性の方から
・バス停下のコンクリートは間違いなく大間鉄道の遺構
・(桑畑地区では路盤の)工事はほぼ終わっていて、あとは線路を引くだけというところで放棄された
・昔はもっと色々残っていたが、道路工事で皆無くなってしまった
・ここ(バス通りの脇道)は旧道で、拡幅するよりも線路跡を道路にしたほうが楽だったから、そっちを新道にした
・桑畑以北の今の道路は鉄道の路盤を利用して作ったから全く同じ位置、離れるのは焼山のあたりから下風呂方面
・鉄道の工事は桑畑よりずっと北まで進んでいた
(書籍やネット上では桑畑の橋台が最北端の遺構とされていて、工事もこのあたりまでとされているが…という質問に対し)
そんなことはない、バス停下も鉄道遺構だし、路盤整備がされていなければ道路工事ももっと大変なことになっていた
・焼山トンネルは大間方は口を開けている
・下風呂周辺のトンネルは全て蓋がされている
・木野部の2つのトンネルは、それぞれ大畑側と大間側は蓋がされているが、反対側は開いたままなので中に入れる
・大間側のトンネルに明かり取りの窓があるので、そこから入るのが一番楽な方法
・木野部峠越えの道路の丁度真ん中くらいの所からロープで降りると窓の所に降りることができる
・トンネルを迂回して行くことも出来なくは無い

お母様から(訛が強くて聞き取り損ねているかもしれず)
・昔は線路跡をバスが走っていた
・大畑からバスに乗ると木野部の峠は登れないから鉄道のトンネルを通っていた
・ここへ嫁に来た当時は(バス停下を指差して)あれと同じものが(今度は旧道と新道の合流点の先を指差して)あっちにもあった
・他にも色々あったけど、道路工事で皆無くなった
・今の道路の所しか、線路も道も作りようがない、ちょっとでもずれたら片方は山の崖だし、反対は海の中になってしまう

調査するのが、半世紀遅すぎたようである…
左右には丸石を積んだ壁が続いている
これも鉄道建設のなごりだそうです
***大間鉄道の目指したもの***
勿論、終点の奥戸(おこっぺ)駅というのは間違いないのだが、冒頭に述べたように軍用の意図が有った
ワシントン海軍軍縮条約により廃艦となった巡洋戦艦「伊吹」主砲(30cm加農砲2門1基)を大間に設置
これを守るトーチカを幾つか設け、地下通路を張り巡らせた要塞を築きました
事前の情報では大間幼稚園が兵舎を利用しているとのことで、実際写真を掲載したサイトもあります
が、現地に行ってみるとすっかり様子が異なっていた
建て直されてしまったのだろう(平成21年撮影)
隣の保育園の庭先にこんなものがあった(平成21年撮影)
年季の入り方と、造りからして陸軍関係と想像される(平成21年撮影)
しかしこの界隈は大間高校など学校施設だらけで他に遺構らしきものが見当たらなかった
近くの海側へ降りる道を歩いていくと、藪の中から殺気を感じた(平成21年撮影)
そこにトーチカが有った
海岸に近いので、30cm砲を守るための機銃用ではないだろうか
上陸した歩兵には有効だろうが、上陸前には徹底的に艦砲射撃や爆撃を行うのが常識
実際に上陸作戦が展開されたならば、気休めにしかならなかっただろう(平成21年撮影)
銃眼から中を覗くと、意外と保存状態は良さそうだった(平成21年撮影)
脇の通気穴?から
後ろに廻ってみたが出入り口が見当たらず、塞がれてしまったのか?(平成21年撮影)


ほとんど人力と馬力で建設された鉄道も、今や詳細な記録すら残されていないという
というか、資料少なすぎて調査も容易ではありません
もっと精密な地図と、小回りの効く移動手段が無いとこれが限界に近いかも

ここは過去を物語る歴史的遺産として残したいものです
もう一つ、どうかこのサイト、あるいは他のサイトをご覧になる方に忘れないで欲しいことがあります
それは、この大工事が現代のように機械力で行われたのではなく、全て人力と若干の馬力のみで行われたと言うこと
そしてそこには、タコ部屋や強制労働という暗い影があるということを

(訪問・平成13年8月14日/平成14年8月12日/平成15年8月15日/平成16年8月12日/平成 17年8月14日/平成18年8月14日/平成19年8月14日/平成20年8月14日/平成21年8月14日、他収穫無き訪問は省略)

戻る