手宮線
手宮線

南小樽駅構内の空き地が気になる。どうも手宮線のホーム跡らしい

小樽駅を降り観光ガイドで有名な寿司屋横丁の看板や生簀を横目に道路脇を見ていると橋台が残されていた
噂ではレールも残っていると聞いていたが、どうも周囲の視線が気になって上に登る気にならなかった。
良く見れば、さりげなく線路上に出る方法もあったのだろうけど…
色内駅の場所は良く分からなかった。ホームでもあるのかと思ったが、見落としたのだろうか?
草が生えていなくて、レールが光っていたら、いつでも列車が現われそうな雰囲気は良かったが…

場所によっては地元の人達が歩行者専用道路のように使っている部分もあるみたいだ。
物干し竿があったり、植木鉢が並んだ所も有ったが、使ってもいいのかな?
回覧版を持って歩いているおばちゃんに聞こうかと思ったけど、井戸端会議が長引いているようだったので諦めた。

近くの道路へ迂回しながら先へ進むと立派な踏切…しかし、その上に巨大な黄色い看板が。

「この踏切一時停止の必要ありません」

確かに通る車も歩行者も止まりはしない。ただ、車は線路跡が水平なので車体を揺らしている。

訳有って手宮や桟橋方面迄は行くことが出来なかった。再び訪れる日は来るのだろうか…

(訪問・平成4年)

戻る