クハ165-190の最期(篠ノ井駅修学旅行専用列車事故)

1979年(昭和54年)6月2日4時31分、国鉄篠ノ井線篠ノ井駅構内に於いて制動手無しで突放された貨物列車が本線に割り込み、名古屋発長野行修学旅行専用列 車 と正面衝突した事故です。
双方とも低速だったのですが正面衝突の衝撃は激しく、8両編成前半では衝撃で、後半では下車準備で離席、通路に整列していた為に多数の負傷者が出ました。


列車前部の状況
乗務員室部
 乗務員室部
 避難時置き去りにした手荷物の搬出
避難状況
1・2両目脱線状況
余談
この臨団が名古屋駅を出発したのは前日の深夜でした。実を言うと、虫の知らせと言うか、この列車に乗ってはいけないような奇妙な感覚が ありました。しかし団体行動ですからそう言う訳にも行かず、仕方なく乗車しました。
車内では夜食として小さな寿司折と味噌汁が配られたのですが、寿司には目が無い自分ですけどどうしても食慾が湧かずに、誰かに 渡してしまいました。
名古屋発車後も得体の知れない不安感は消えず、殆ど眠れなかったように記憶しています。
日付が変わって6月2日、あれは土曜日だった筈です。午前4時31分を廻った頃でした。雑用で先頭車両と自席を時折行き来していたのですが その時は先頭から2両目の自分の席に乗車していました。 篠ノ井駅で8両編成の列車後ろ半分に乗車していた別の学校の生徒が下車すると言う事で、減速しつつ駅構内へ入って行った時でした。
時ならぬタイフォン吹鳴、続いて凄まじい衝撃と振動。一同一瞬総立ち。車体が傾いて、床下からゴンゴンゴンという激しい震動が来た。 あ、脱線したな…「みんな、座れ!」と叫ぶ間もなく座席に叩きつけられ、そのまま傾斜を増しながら、ゴンゴンという振動は やがて何かをかき分けるような細かい震えに変わりました。枕木からも外れたのか…何故?…判る訳も無いですが、一瞬悩みました。
その気の迷いを吹き飛ばすかのような激しい圧縮空気の漏れる音、車内の照明は消灯。列車が止まるまで時間にしたら 数秒だったのかもしれませんが、永遠に近い長時間に感じました。
車体の動きが止まると同時に車内灯が点灯したのは良いとして、コンプレッサが起動、轟音を立て始めました。 脱線しているのにどこをどう電流が流れているのか?
その騒音の中、1両目からは「煙だ、運転席から煙が!」の声が聞こえる。先頭車両を見ると皆、窓を開けて飛び降りている。 しかし2両目はそんなに慌てなくても大丈夫だろう、ドアを開ければ…だが圧縮空気はどこから漏れてる? この漏れ方は直通管が切れた?そしたらドアは…
2・3両目のデッキへ出ると、蛍光灯が落ちて割れている。自分より先に鉄っちゃんなI君が既に非常コック操作をしていた。
「駄目だ、開かない」

ふと、ドアの窓越しに外を見ると、あの時間にどこから現れたのか、見渡す限り駅員が怒涛の如く押し寄せてくる。 途中で帽子を落としたのも気がつかない駅員さん、駆け出したと思ったら即座に引き返して保線用の巨大バールを取り出して抱えてくる作業員、 駅便所からブラシを投げ捨て、ゴム手袋をかなぐり捨てて長靴でガッポガッポと駆ける清掃のおばちゃん…
真っ先に車両脇へ来た駅員さんに身振りでドアが開かないと伝える。すぐに車体外側のコックを操作するがやはり開かない。 どうも空気圧ではなく、車体の変形で開かないようだ。 そこへバールを持った作業員さんが駆けよってきて、車体とドアの隙間に工具を差し込むと、力技?でドアを開いてくれました。
元気の良い連中は次々と線路に飛び降りるが、怪我をした生徒はそうもいかない。それを清掃のおばちゃんが抱きかかえて降ろしてくれる…
自力で降りた連中も、その場にへたり込んでいる。2両目全員が下車したのを確認してから自分も線路上へ飛び降りました。が、足元を見ると ピカピカの現役としか思えないレール。信越本線だ!
ATSはあるだろうけど、事故っているのは篠ノ井線、万一三河島の多重事故みたいになったら…と先のI君に聞くと 「確かにマズイ、端の方の錆びているレールの方まで避難しなくては」と言う。何をどうしたのか記憶は定かでないが、 全員を一番端の線路、隣のリンゴ畑脇近くまで移動させた。
後に聞いた話ですが、実際に信越本線の回送列車が現場に接近しているのを隣のクラスの生徒が発見、 近くに居た女子生徒の(校則で禁止だった筈の)真っ赤なカーディガンを脱がせると手旗信号代わりに振りながら 回送列車に向かって走り、辛うじて停車させたのだそうです。

リンゴ畑の向こうには既に救急車が到着していて、頸部の痛みを訴えている生徒から順にどこかへ搬送して行った。
その頃、篠ノ井駅下車予定の学校の父兄は目の前で発生した惨事に声も失っていたそうです。一方、長野駅下車予定の我々の学校は 事故の一報のみ国鉄から受けたものの、校長が父兄に「大したことはありません」 と何の根拠も無い事を拡声器で叫ぶだけだったとのこと。

と、リンゴ畑の向こうにパトカーが止まり、若い警官が助手席の無線機を取り外して背負うと畑を横切ってこちらへ来た。 (パトカーの無線機は短時間なら車両から外して携帯無線機として使えるようになっている)
線路際まで来て現場の惨状に一瞬茫然としていたが、すぐに自分の所へ来て「怪我は?みんな避難したの?」と。
「何人か既に救急車で運ばれています。どの病院へ行ったのかは判りません。自分らは避難直後点呼を取って全員無事を確認していますが、 もう一校の様子は全く判りません」
「そうかい、ありがとう。すぐに報告しておくよ」
と背負ってきた無線機からマイクロホンを外した。

長野駅前では相変わらず「大した事ないですから」の連呼。
と、父兄の一人が無線受信機(当時は受令機と呼んでいた)の音量を最大にして校長の鼻っ先というか 拡声器のマイクロホンへ突出して叫び出した。何だか状況が判らず、スイッチONのまま固まる校長。
父兄「こっちが何も知らないと思って適当な事を言ってるんじゃない。相当の大事故だというではないか!!」
校長「くぁwせdrftgyふじこlp」

同時刻、現場。(というか、長野県警基幹系無線1・2系…山間地の関係上1・2系はサイマルキャストしていた…)
件の警察官が自分の目の前で無線連絡を取り始めた。
警「至急、至急、南1から長野本部、長野南」
本「長野本部です、どうぞ」
南「長野南です、どうぞ」
警「南1現着、列車が脱線大破している。既に何名か救急搬送されているとのこと。搬送先病院は不明。 詳細についてはこれより調査する。尚、死傷者多数の見込み、どうぞ」
本「長野本部了解、自傷事故防止には充分留意されたい」
南「長野南了解」
警「以上、南1」

この音声が、県庁最上階の県警本部に、全県の各警察署に、そして混乱している校長の持っている拡声器から響き渡った。
父兄の中で、これが警察無線だと理解した人は少数派だったそうですが、流石に”死傷者多数”は全員が了解。
「どういうことだ、話が全然違うではないか!」と混乱状態になったと聞いています。
一方現場ではそんな混乱は知らず。国鉄職員に誘導されて職員用らしい通路を抜けると観光バスが何台か来ていて、 それに乗せられた。時刻は判らない。バスガイドなど当然無し、運転手がラジオの音量を一杯に上げている。
「本日午前4時30分頃、長野県長野市篠ノ井にある国鉄篠ノ井駅構内で貨物列車と中学生を乗せた修学旅行専用列車が正面衝突し…」
生徒「おい、これローカルニュースじゃないぞ、全国放送じゃねーか?」

あの時は頭に血が上ってワケワカメでしたけど、あの時の関係者の苦労・努力は半端では無かったのだろうなと、今になって想像しています。 話に尾鰭を付けた若い警察官も、恐らくはもう定年退官される頃でしょうか?時は絶えず流れているんですね…

余談のそのまた余談
時は流れて、昭和62年4月、自分は新卒で、とあるホテルに就職しました。新人はまずは掃除と洗い場から…ということで、客室清掃部門へ廻されました。 部門といっても現場は外注で、鉄道車両整備の会社が下請けで入っていてそこでまずは研修生として働く事になりました。
SL全盛期の機関士や駅長クラスが第二の人生で大勢来ていて、
元駅長「昭和40年生まれ?新幹線の後の生まれ?五輪の後の生まれ?なんだかピンと来ないな、一体どういう年代なんだ?」
自分「ん〜、思い出したくない話かもしれませんが、実は篠ノ井駅でぶつかった修学旅行列車の…」
元駅長「おお、あの時の中学生か!そうか、あの中学生が最高学府を卒業して社会人になって来たのか、そうかそうか!!」

と、そのやりとりを聞いていたパートのおばちゃんの一人が
「私、その時篠ノ井駅に居たよ。トイレ掃除していたら物凄い音がするから飛びだしたら電車がぶつかっていて… 思わず掃除ブラシとゴム手袋を捨てて駆けだしてたよ」
「え、あの時の…怪我人の面倒を診てくれた…」

まさか8年後に再会するとは互いに思ってもいませんでした。本当に偶然でした。
廃鉄へ戻る