善白鉄道
善光寺白馬電鉄

通称「善白(ぜんぱく)鉄道」、正式名称よりこちらの方が地元では通りが良い。社名に”電鉄”を冠しながら 実際にはガソリンカーしか走らなかった短い路線である。

実は会社は現役で、長野運送株式会社というトラック運輸の会社がその名残なのだが、その社名と共に 「善光寺白馬電鉄株式会社」とも名乗っている。

長野駅南西にあるこの会社を西向きに出てすぐ、国道117号線をくぐる。 このあたりの遺構はこの国道下に開いたトンネル状 の部分くらいである。 この先、山王小学校までは戦後の建物に全て飲み込まれてしまっている。 強いて言うならば上記の 系列会社の倉庫などが有るというのが名残だろうか。
裾花川沿いに北上して山王小学校校庭脇に行くと、橋台とホームに登る階段が有る。 校庭の一部に盛り土がされているのも 線路の跡である。

再び線路跡は建物に紛れてしまうが、長野県庁裏からは道路として辿る事が出来る。牛肉料理屋「すき亭」から結婚式場 「百景苑」までは非常に分かりやすい。
長野商業高校西側で再び消えてしまうが、中部電力里島発電所に渡る釣橋(再度訪問時には架け替えられていた)付近で 対岸に渡っていた。
かつては線路跡が農道として利用されていたが、今ではその農家も線路跡も大きなグラウンドに飲み込まれて跡形もない。

発電所を右にかわした線路は蛇行する裾花川を再度渡るが、この橋脚は対岸の国道406号線からはっきりと見る事ができる。
この付近から茂菅(もすげ)地籍にかけては渓谷らしい、厳しい地形となって線路跡を辿るのは困難になる。断片的に国道から それて線路跡やトンネルを覗くことが出来るだけである。トンネルは建設会社の資材置き場として利用されていたが、再訪時 には閉鎖されていた。老朽化が著しく危険なため放棄されたそうだ。

昭和18年12月10日、運輸通信省鉄道総局長官名で営業休止。上田丸子電鉄に譲渡・電車改造された一部の車両 (上田丸子電鉄モハ3121など)を除き、資材はインドネシアのSulawesi(Celebes)島へ送られたという。地元の 老人に聞くとトンネルは陸軍の師団が何か運び込んで利用したという。「恐らく空襲を恐れて弾薬庫代わりにトンネル を利用したのだろう」という話だった。

昭和48年当時、授業で廃線跡を訪れた地元小学生の間では「現地では善白の車両が今も現役で稼動している」という噂も 流れていたがこれを確認する手段は無かった。一般に鉄道車両の寿命は20〜30年、中には50年以上も現役で活躍 する車両もあるが、あくまでもそれは恵まれた環境下で、満足な保守整備がなされた場合の話である。昭和11年就役の 車両が熱帯雨林の中ではたして37年も稼動しつづけるだろうか…ファンとしては今日もなお鉄路を走っていると信じたいが。

なお、戦後、復活を求める声は多かったが、裾花川上流にダムが建設され予定線が湖底に沈み、ついに果たされぬ夢と化した。

(訪問・昭和48年、平成2年)
戻る