魅力その4:美しい


 
あたりもすっかり暗くなってきました。
(って明るいうちから飲んでいたのね)

焚火の明かりで手元は見えていますけど、ちょっと淋しいですね。
さぁランタンの出番ですね。
勿論電池のランタンなんて野暮なことは言いません。
(メーカーさんごめんなさい
本猫、無線に光り物、GPSマニアなんで普通の人よりは電池使っていますぅ)

電気の光と比べると、炎って心安らぎますね。
頭をぶつける心配の無い高さに下げられたランタンで、明るさは如何なものかと思えば
斜めのシートに反射した光で意外なほどの明るさがあります。
殊に白いシートは効果抜群ですよね。そりゃ真っ白じゃないですけどね(笑)

それはさておき、先ほどから外で時折何か気配がします。
熊ではなさそうだし、幽霊にしては存在感ありすぎるし…
どうやら通りすがりの人が足をとめて見ているようです。
入り口は蓋をせずに、よしずをぶら下げておいたのですが、
時々車が一時停止したり、人が立ち止まるのが見えますね。
”止まれ”なんて標識出した訳じゃないんですけどねぇ…

どれ、それじゃあ外からはどんなふうに見えているか、確めてみますか。
…ほぉ、なるほど。 ランタンと焚火の光でテントの形が浮かび上がっているんですね
これは絵になるなぁ。 こりゃ立ち止まって眺めていくのも当然だにゃ〜

って要するに巨大提灯状態になってるわけね(^^;)


戻る