魅力その5:暖かい


 
外に出て闇に浮かぶティピーに見とれていると、気温が下がっているのに気づく。
雨が断続的に降る天候でもお日様の力はたいしたものです。
さぁ中に戻りましょう…暖かい、いや暑い(^^;)

空気穴、換気穴、入り口は葦簾でも冷えたビールが欲しくなりますね。
どうも焚火の輻射熱だけでなく、上昇した暖気が全部逃げるのではなく
内部にこもっているようです。
実際持ち主に聞くと、世間一般で言う”オフシーズン”でも平気とのこと。

逆にティピー張ってるのを見て、特売激安テント組が真似して露営してみたものの
凍死しそうになって逃げ込んできたこともあるとか。

料理も終って、焚火は暖をとるのに十分なだけにして、ランタンも少し暗くして…
手元のバーボンはすっかり暖まっているけれど、焚火に照らされて美しく輝いている。

(要するに、まだ飲んでるのね)
焚火を囲んで話ははずむ…外は相変わらずの雨でも関係ないからねぇ

でもなんだか眠たくなったなぁ。
ごろっと横になった、その傍らでパチパチと小さな音を立てて燃える焚火…
雨でもこんな経験が出来るのもティピーならでは。

だんだんと焚火の音も、ランタンの明りも遠くなって・・・(_ _).。o○


嗚呼、誰か薪を補充してるなぁ、途中で交代するようかなぁ…グゥグゥ…


戻る